• DV,モラハラ
  • カウンセリング
  • パートナー
DV,モラハラ行為の先は破綻、破滅です
男である事にこだわりの強いあなた! 心は平穏ですか?
DV加害者更生プログラムは、必ずあなたの力になります

    DV,モラハラチェック

     

     

    ✔妻は俺の考えに従うべき

     

    ✔お前が間違っている、俺が正しい

     

    ✔誰に食わせて貰ってる

     

    ✔怒らせるお前が悪い

     

    ✔妻の頭の中を全て取り替えてしまいたい

     

    ✔思い通りにならないとキレる

     

    ✔妻に口応えされると激しい怒りを覚える

     

    一つでも当てはまっていたら、あなたは
    パートナーにDV,モラハラ行為と
    考えて下さい

     

    オンライン対応も致します

    DV,モラハラって何!

     

    最も親密な関係の相手を支配しようとする事

     

     

    主従関係を作り、思い通りに相手を動かしたい!

    しかもそれは自分の使命だとすら考えています


    相手をコントロールする手段として


    怒鳴る、脅す、責める,不機嫌、嫌み,無視する、巧みに言葉を操り、相手の感情を揺さぶる等心理的支配を続けます

     

    その線上に身体的暴力に繋がる可能性は大です

     

    DV,モラハラ加害者は、相手(女性)を軽視、見下すは根っこに持っています

     

    自分自身が被害者であるかのように誘導し卑劣で巧みな論法と話術で会話を牛耳り,

     

    ”自分が正しい”を証明する為、大声を出し又は無視を続け、お前のせい!お前が悪い!と断じていきます

     

    話し会いの持てないDV,モラハラ加害者

     

    「お前はバカ」「能無し」「ダメ女」と言われ続けた被害者は、自分の言葉を飲み込むしか無く、自信、自尊心、人としての尊厳まで加害者から奪い取られていきます

     

     

    DV,モラハラは不健全な価値観、思考を身に付けた行為です

     

     

    育った環境から学んだ「力による支配」

    男だから、女だからのジェンダーバイアス

    習慣からの立ち振る舞い、行動パターンが背景にある

     

    親しい関係性の中でしか起きないDV,モラハラは、良い夫、良い父親と言う顔を持ち、社会的にも評価が高かったりと

     

    他人には信じて貰えないと言う事もあり、隠れた暴力であり、言葉の暴力は魂の殺人とまで言われています

     

     

     

    DV,モラハラは加害者が変わる!!

     

    10数年前にNPO法人の電話相談員として携わっている頃

    夫婦問題を受けた記憶に、やはり夫の暴言、暴力の相談は事欠きませんでした

    其のころにはDVとかモラハラと言うワードは無かったように思います

    逃げ出す事もままならず、ただただ我慢、耐える事でしか妻の居場所は無いのかと

    憤りを隠せませんでした

     

    DVは人権問題に匹敵します、夫婦と言えど別人格であることを

    DV加害者は置き忘れてきたのではないでしょうか

     

    DV,モラハラは親密な関係の相手に自分の思い込みだけで抑え込んでいく行動です

     

    思い余った妻から、別居又は離婚を言い渡され、当方に飛び込んでこられた時

    DV,モラハラ加害者は「なんで?」「どうすれば!」

     

    考えても見なかった事態に動揺します

    置手紙一枚もなく妻、子供のいなくなった部屋で絶望感に苛まれます

     

    こうなる前に何とかできないものか、

    DV問題に携わる者として歯痒くてなりません

    被害者支援に比べ加害者更生にはあまりにも後ろ向きの社会の在り方

     

    「加害者自身が変わる」


    これなくしてDV,モラハラ被害者子供達を救済する事は不可能です

     

    気づかず当然と思って振る舞ってきた数々のDV,モラハラ行為に後悔と懺悔を畳み込み

    「加害者プログラム」に取り掛かる彼らの目に迷いはありません

     

    自分が変わる事の難しさもここでは学びになります

     

    DV加害者自身の人生に真っ向から取り組む、”自分で蒔いた種は自分で刈る”

    ”誰のせいでもない”、不健全な価値観から自分を取り戻そうとする彼等に

     

    私達はどこまでも寄り添います

     

     

     

     

     

     

     

    DV,加害者プログラムの説明

     

    プログラムの特徴

    ★DVは精神疾患、性格異常、飲酒などが原因ではありません

     

    ★不健全な価値観考え方に気づき、思考を変えて行く為の教育プログラムです

     

    ★アドラー心理学を取り入れ「自分の行為の全責任を引き受ける、健康人」を目指します

     

    ★ファシリテーターがDV被害者の代弁をし、被害者支援の一つの方法として実施します

     

    プログラムの内容

    全52回のプログラムになっており毎週2時間の行程で1年前後かかります。
    希望によりプログラム修了後も続ける事は可能です

     

    ★グループワークではお互いの体験、考え、気持ちを共有し指摘し合う

    人の話を聴き合うグループワークは自分を客観視するメリットがあります

     

    ★個人ワークもプログラムに沿って進みます、
    個々の背景を紐解きながらのワークは幅も奥行きも深まります

     

    ★DV行動は犯罪であり人権侵害と言う意識を深めます

     

    ★DV行動の要因である「力と支配」「ジェンダバイアス」という
    誤った考え方に気づき
    正しい価値観を学びます

     

    ★自分の内にある怒りや感情、DV行動の全てに向き合います

     

    ★DVは自分が選んだ行動であり、その結果責任も自分が引き受ける考えを示す事

     

    ★相手を認め共感できる関係性に力点を置きます

     

    ★アドラー心理学では自分の人生を貫く、個人独特の運動法則をライフスタイルと言います

    個々のライフスタイルを読み取り、その人がより良い方向に

    人生の流れを変える事が出来るように援助したいと日々研鑽しております

     

     

    横浜で「DV,モラハラ専門相談室」を展開しておりますフォロワーシップAです

     

    夫婦の再構築を考えてみませんか

    決して不可能ではありません

    DV,モラハラと言われた加害者のあなたの”強い思い”

    そして被害者のあなたの”力” が必要です

     

    連絡お待ち致します

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    加害者の変化

     

    DV、モラハラ加害者と言われ当方に来られた方のほとんどは

    自分の行動がDVだ、モラハラだ、と解ってた人はいません

    覚悟の末、別居を口にした妻の言葉だったり、
    警察から妻と子供を追いかけない約束をさせられたり

    離婚を前提に実家に帰ったと言う事がキッカケで駆け込んで来られます

     

    彼等から聞き取りをする中で一番注視するのが生まれ育った家族関係です

    DVは連鎖だと言われ続けていますが最近は変わってきている感触をうけます

    両親のDVは見た事が無いと言い切る人が多いのに驚きます

     

    ★深刻なのが母親の過剰な愛(あなたの為と言うモラルにしがみ付く母)で育つ

     

    ★親がなんでもやらせてくれた、好き勝手やって来た、甘かったのかな?

     

    ★暴力は見た事ないが父親が威張って君臨、母親は黙って従っていた

     

     

    様々な背景を背負って今に至りDV加害者と言われ窮地に追い込まれている彼らは
    驚く程素直で自分の言葉で語りどこにでもいる普通の人です

     

    真剣に加害者プログラムに向き合う彼等から不自然さは見当たりません

     

    最初は「妻も悪い」と言う気持ちが随所に出て気持ちの動揺は上下します

    回を重ねるごとにDVの意味を受け入れ妻にしてきた数々のハラスメントに悔恨の念で苦しみます

     

    何にもまして子供に対する愛情の深さに昔の男性との違いを感じます

     

    彼等は間違いなく変わろうとしています

     

    土壇場にきて初めて妻への感謝が沸き上がります

     

    人から変わったね!と言われるんです!と嬉しい声も出てきます

     

    ”誰のせいでも無い自分の行動は自分が選んだ結果”

     

    これを肝に銘じプログラムに向き合う彼等の未来に希望を感じずにはいられません

     

     

     

    あなたの行動が変わらないのなら離婚しかない

    真剣な妻の覚悟を聞かされ

    一児の父親でもある28歳のモラハラ加害者が当方に来られてまだ2か月足らず、

    ”妻の言葉を一々気にしない事にしてます”

    妻子と解れる事の怖さを知った彼の考えた行動だったのでしょう

    妻に言われるまで自分の言動行動はすべて自己中心

    妻は飲み込むもの、順応するものと思っていた、という
    そんな彼がいつ迄
    ”気にしない”が続けられるのか半信半疑でした

     

    今日、プログラムを進める中、突然の彼の質問それは思いもよらない、
    妻の立場で、ある環境で妻に起き得る困難を心配する彼の熱い眼差しでした

    ただただ驚きでした、相手の事を感じられる夫がいる!!

    一喜一憂ではありますが私には嬉しいセッションでした

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    被害者個人カウンセリング(1回90分)
    被害者個人カウンセリング(1回90分) 無料
    加害者個人カウンセリング(1回90分) 3000円(税込)
    対⾯セッション(1 回 90 分) 3000円(税込)
    グループワーク(1 回 120 分) 3000円(税込)
    STAFF

    スタッフ

    • アドラーカウンセラー

      新井栄子 アドラーカウンセラー

      20代で、夫とともに起業(建設業)しました。


      創業当時の建設業は今以上に男社会ではありましたが、食住を従業員とともにし、年若い社員とはわが子同様に接し、中堅社員とは裏表のない態度で接する中で、家族同様の強い信頼関係を構築する事ができました。

       

      また、30代半ばには単身で喫茶店経営を行い、学生バイト含め30人以上を束ねる経営者としての交渉術・精神力を学びました。

       

      60代を目前にして以前から興味を持っていた心理学を学び始め、アドラー心理学に出会いました。持ち前の機動力で、水を得た魚のごとくアドラー心理学にどっぷり浸った生活を堪能し続けてまいりました

       

      ある人は二毛作人生とも言ってますが、
      「DV加害者更生支援」に最後の人生を託す覚悟で
      自己研鑽を紡ぐ日々を送っております

       

    DVは夫婦喧嘩出はありません!

     

    DV,モラハラは支配する側される側と言う関係性で成り立っています

     

    夫婦喧嘩はお互いが言い合い、押し付け合いもします

    それはお互いを解り合う事に繋がります

     

    DV,モラハラは一方的に相手を押さえつけ、話し合いには応じません

     

    DV,モラハラ行動の要因の一つに

    「男は泣くな!弱音を吐くな!」

    「女は優しく、清楚に」

    この通念は、男女関係に於いて歪んだ価値観を植え付け

    男性特権社会をけん引する原動力となってきました

     

    ジェンダー平等と叫ばれようとDV,モラハラ問題は根深く

    女性が生きずらい社会は続いています

     

    DV,モラハラ行動はどこにでもある夫婦喧嘩でも感情の爆発でもありません

     

    DV,モラハラが子供に与える影響は計りしれません

     

    DV,モラハラから脱却する手立ては妻のあなたの覚悟一つです

     

    一緒に考えますお電話下さい、必ず抜け出しましょう

     

    フォロワーシップAの新井です

     

     

     

     

     

     

     

     

    DV,モラハラって何⁈が解れば、あなたは変われます!!

     

    ”何でこんなことに”、憮然とするDV,モラハラ加害者


    皆さん一様に「あいつも悪い」とぱパートナーを責め、自分も被害者の様にいいます
     

    人は、思考、行動そして育った環境みんなそれぞれに違います

     

    違いを良しとしないDV,モラハラ加害者は、自分の考えに従わせる事を目的とします

     

    手段として攻撃的言動、行動を繰り返し行い「支配する人」と「支配される人」の関係を作り出します

     

    俺の稼ぎが上だからとパートナーを見下すなど、優位性持ち相手の言葉を飲み込んでいきます

     

    DV,モラハラ行動の大きな要因である、ジェンダーバイアス(男はこうだ)(女はこうあるべき)と言う歪んだ考え方は

     

    ジェンダーギャップ指数が後進国と言われる所以にもなっています


    相手を操作する、コントロールする、思い通りに動かす、この「力と支配」の価値観は必ず破綻を来たします

     

    妻は自分のモノではありません

     

    DV行動は犯罪であり、人権侵害と言う認識を深めていかなければなりません

     

    DV,モラハラは百害あって一利無しです

     

    早く気づいて下さい

     

    悲劇で終わらせないで下さい

     

     

     

     

     

    ACCESS

    横浜でDVにお悩みの方はまず当社までご連絡ください

    横浜でDVに関するお悩みをお持ちの方からご相談をいただき、解決のお手伝いをしているフォロワーシップAをぜひご利用ください。 横浜でDVのご相談を行っている当社は井土ヶ谷駅から徒歩1分の場所にあります。
    アクセス
    会社名 フォロワーシップA
    住所

    神奈川県横浜市南区永田東1-1-16 フジビル201

    電話番号 090-7906-2609
    営業時間 お問い合わせください
    定休日 不定休
    最寄駅 京浜急行井土ヶ谷駅から1分足らず
    ABOUT US

    DV、モラハラは密接な関係性で起こり得る虐待行為です

    横浜でDVに悩まれている方は当社にお任せください

    DV?モラハラ?なんか心がざわざわする。


    あんなに好きで一緒になったのに、
    俺はイライラ、妻はこそこそ、
    いや、まともに顔さえ見た事ないぞ。
    どうしても自分の考え思いを相手に解らせなきゃ、
    この女を躾けなきゃ、そんな思いにあなたの頭はいっぱいになっていませんか。

    妻はあなたに気持ちをぶつけてきていますか、

    妻の言葉に聴く耳を持ち合わせているでしょうか

    どんな事象であれ、一方的に自分の思考を押し付けようとする事、
    そのものがモラルハラスメントなのです。

    このままいってしまえば夫婦の破滅です。

    それを願っているとは思えません。迷わず連絡下さい。

    今なら間に合います

     

    DV専門機関フォロワーシップAです