未だに引きずる男尊女卑!!
誰に食わせてもらってる!!
お前は黙っておれについてこい!

相手をコントロールする特権

DV(モラハラ)加害者が考える「話し合いと意思決定」

 

●俺がもうこれ以上話し合いはしたくない、と言ったら終わりだ、黙れ!

●この問題は俺には大事な事、それに従わないお前が可笑しい、俺の希望通りにする。

●お前と俺にとって何がベストか俺には解っている、それが不服ならお前が間違っている。

●俺の権威が弱まろうが、再び俺の考えに従わせる権利がある、どんなやり方でもだ。

 

DV(モラハラ)加害者にとって確信的な考え方があり道しるべです。

このような考え方が虐待行動に繋がるのです。

お前は黙って俺についてくりゃいいんだ!

サンプル

俺はお前より上

特権意識とは

パートナーには敵用されない権利や免除が自分にはある、という考え方です。

 

1)身の回りの世話をしてもらう「権利」

家事、育児その他諸々は、当然女性の仕事であり、手抜きがあるとみなせば、厳しく非難する口実に繋げます。が仕事を持っていても自分の仕事を過大評価します。

2)気分や心のケアをしてもらう「権利」

俺はお前らを養っている、多大なストレスを抱えてる俺の気持ちを察しろ。

愛情を欲しているというより特権意識から出る言葉であり、のニーズを満たすのはの責任という考え方は、尽くし足りることなく、いくらでも欲求します。

3)自分を最優先してもらう「権利」

加害者は自分を第一にしてくれることを相手に欲求します、瞬時気に要らなければ、家族の楽しみも簡単に反故します。

4)性的欲求のケアをしてもらう「権利」

パートナーには自分を性的に満たす務めがあると考えます。

自分の赴くままのセックスでなければ嫌なのです。

 

サンプル

婦の再構築

特権意識という言葉にDV加害者達は不遜そうな表情を出す人は多いです。

しかし何がなんでも最終的に自分本位の価値観、考え方がパートナーの心を凍らせてしまうことは確かです。

DV,モラハラの行き着くところは家族崩壊しかありません。

親密な関係とは相手の立場になって考える、という共感力が不可欠なのです。

男性優位社会で、当然、当たり前という社会状況では無くなってきています。

自分のDV,モラハラから目をそらさず、又被害者の方も心療内科ではなく、DV専門機関に繋がるようパートナーに促しをお願いいたします。

被害者支援に加害者へのアプローチは必須です、力になります。

必ず力になります。

 

 

ACCESS

横浜でDVにお悩みの方はまず当社までご連絡ください

お車でお越しの方 首都高速、横浜新道、保土ヶ谷バイバス、横浜横須賀道路、いずれからでも立地の良い場所にフォロワーシップAのオフィスがあります 駐車場も完備されております
フォロワーシップA写真
会社名 フォロワーシップA
住所 神奈川県 横浜市南区 永田北 3-40-13
電話番号 090-7906-2609
営業時間 お問い合わせください
定休日 不定休
最寄駅 京浜急行井土ヶ谷駅、JR保土ヶ谷駅
お気軽にお電話ください
090-7906-2609 090-7906-2609
お問い合わせください
神奈川県 横浜市南区 永田北 3-40-13

アドラー心理学の教え

人間は自分の人生を描く画家である。

あなたを作ったのはあなた。

これからの人生を決めるのもあなた。

 

変えられないものは「宿命」であり、「運命」の「運」という字は「運ぶ」「動かす」という意味です。

つまり「運命」は自分で動かせるもの、自分で動かして来た結果なのです。

私たちの人生は、多くの事柄に影響されてきたことでしょう。

それらの決定要因は、自身が下した幾千万回の様々な自分の決断であり、自分の意思で下してきたものです。

今の仕事を選んだのも、働き続けると決めたのも、今の配偶者を選んだのも全て自分。

親の価値観を受け継いだとしても、受け継ぐと決めたのは自分。

会社を辞める権利、親の価値観にノーという権利、いつでも私たちは拒否する力と権利を持っているのです。

これまでも、これからの人生も作るのは自分、なんと素晴らしいものか!

「できない事はない、人生はどんな事でもできる」アドラーの力強い言葉です。

 

 

 

ぜひ、お気軽にお問い合わせください。