夫のいつもの口調で、気がが狂いそう!!
又あの怖ろしい思いをする日が来る!と思ってしまう
予測出来ない毎日、こんな思いをしながら日々過ごすのはもう嫌!!

DV,モラハラ加害者の問題点

DV,モラハラ加害者の口論は理不尽で感情的なものなのです

 

が何をしょうは怒るべきではない

 

が自立しょうとする言動を阻止するべき

 

の役割はを支えることだと思っている

 

加害者が申し訳けないと思うように仕向けます

 

が他人からもてはやされることを極端に嫌います

 

は無能で見下してもいいと思っています

 

 

 

 

 

 

 

口論する時のDV,モラハラ加害者の特徴

サンプル

加害者の考え方のクセはほとんど同じです

DV加害者は口論を闘いと考える

 

DV,モラハラ加害者にとってお互いの話し合いではなく

相手に”勝つ”事のみが目的であり、どちらが話を牛耳るか、支配者か従属者か二分化されたパートナー関係をつくります

 

DV加害者の目には相手は必ず間違っていると映ります

 

DV,モラハラ加害者は自分の考えを相手に影響されたくない!違いを受け入れたくない!
という思いが強く
相手の本筋に関係なく自分の正論を突き通します

 

DV加害者は何ら化の方法で自分の考えを押し通します

 

口論する事で有利になる権利があると思っています

サンプル

DV,モラハラ加害者口論の手口

加害者の口論の手口は様々です

 

 

●皮肉、●嫌み、●否定、●あざける、●威張る、●怒鳴る、●ののしる、●わめく、●貶める、●批判、●すねる、●さえぎる、●責める、●侮辱、●見下す、●無視、●脅す、●被害者ぶる●耳を貸さない、●応えない

 

相手をコントロールする為にDV,モラハラ加害者はこれ等を使い分け屈服させようとします

 

加害者の支配的な態度をとる目的は、相手を否定し黙らせる為だと言うことが解ります

 

加害者に刷り込まれた不健全な価値観、信念に自ら気付く事は不可能です。

 

頭の片隅に多少の罪悪感があっても、どう改善するかは解らないでしょう

 

身近な家族(パートナー)が問題提起をし、このままでは家族崩壊しかない事を伝えてください

 

そしてDV加害者支援の専門機関に繋がる事をお勧め下さい

 

相談はカッコの悪いことでも恥ずかしい事でもありません

 

これだけでも変われる人がいるくらいです

 

日々苦しい思いをしている方にとって、覚悟のいる決断ではあありますが

 

勇気を振り絞って行動する事を願っています

 

 

「DV加害者更生支援」フォロワーシップAの新井栄子です

 

オンラインでも対応いたします

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ACCESS

横浜でDVにお悩みの方はまず当社までご連絡ください

お車でお越しの方 首都高速、横浜新道、保土ヶ谷バイバス、横浜横須賀道路、いずれからでも近い場所にフォロワーシップAのセッションルームとなります 駐車場も完備されております
フォロワーシップA写真
会社名 フォロワーシップA
住所 神奈川県 横浜市南区 永田北 3-40-13
電話番号 090-7906-2609
営業時間 お問い合わせください
定休日 不定休
最寄駅 京浜急行井土ヶ谷駅、JR保土ヶ谷駅
お気軽にお電話ください
090-7906-2609 090-7906-2609
お問い合わせください
神奈川県 横浜市南区 永田北 3-40-13

ぜひ、お気軽にお問い合わせください。