DV加害者は、生まれ持った性格ではありません!
精神的疾患などが原因で起こるものでもありません!
病気や遺伝でもありません!

DVの思考がどう働き、どこから来たのか

DVは全て価値観と信念の問題です

 

子供の時の社会的な経験からDV加害者は生み出されます

少年が抱く「親密な関係」についての価値観はどのように生まれるのでしょうか

その子が育った家庭、最も影響を与える手本となる大人

映像、映画、読む本、メディア、周りの環境など
彼を取り巻く文化における経験の全てから形成されます

その子が社会的環境から受け取るメッセージがどのくらい強いか

その子の性質がどのくらい影響されやすいものかで決まります

何百年もの間、家庭内での女性への虐待は、男性が秩序と規律を保ち
優位に立って支配する為に必要な手段だと考えられていた

法律、法制度、宗教までが女性への虐待を許して来た

歴史的社会的にも根の深い問題なのです

DVは根絶しなければならない重大問題になりました

 

DV加害者が変わる!!

サンプル

DV被害者を失くすには!

加害者にアプローチするのが一番の近道で

もぬけの殻の部屋、と子供は帰ってこなかった

●家庭内別居に踏み切る

●両家の話合いの結果別居を選択する

●警察に駆け込んだ子は逃げたと告げられた

時間を欠け話し合った結果、が家を出る

●DVに絶望したは離婚調停を申し出た

 

これ等のの必死の覚悟ない限りDV,モラハラ行為は日々を苦しめ続けます

DVモラハラだなんて俺には関係ないと嘯いていたも、の覚悟の行動に初めて身の竦む思いに愕然とします

少なくてもネットを見て当方に来談されるDV加害者達は、みな憔悴しきって来られます

本当にこの人たちはに虐待をし続けて来たのかと疑うほどです

彼らは、社会的にも信頼、常識、教養を身に着け普通の人でまかり通っています

ただ!親密な関係(、彼女)だけに歪んだ価値観、思考(支配、コントロールは相手の為と信じる)を学んで大人になったDV加害者

彼らからDV加害を失くす動機付けの一つに、女性は必ず加害男性から離れて行くものと解る事です

を見下し続ける関係性に終止符を打たなければなりません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サンプル

DV加害、あなたが変わる!

「DV加害者更生プログラム
DV加害者の歪んだ考え方を作っている入り組んだ縺れをほどいていく為の教育プログラムです

わかりはじめる

パートナーを傷つけてしまったことを後悔し反省の弁を述べたとて、それで加害者が変われるほどDV問題は単純ではありません

加害者プログラム」で真剣に自分と向き合い2,3か月ほど経つと自分が変わらなければならない本当の理由が解り始める加害者たちが出てきます

自分の言行動がや子供にどれほど傷を負わせていたかにも気づき始めます

なによりも本人自身が楽しい日々ではなかったはずです

DV,モラハラなんてしない方が気持ちのいい人生になることにも気づくのです。

 

横浜のフォワーシップAに気軽にお問合せ下さい、お待ちしております。

 

 

 

ACCESS

横浜でDVにお悩みの方はまず当社までご連絡ください

お車でお越しの方 首都高速、横浜新道、保土ヶ谷バイバス、横浜横須賀道路、いずれからでも立地の良い場所にフォロワーシップAのオフィスがあります 駐車場も完備されております
フォロワーシップA写真
会社名 フォロワーシップA
住所 神奈川県 横浜市南区 永田北 3-40-13
電話番号 090-7906-2609
営業時間 お問い合わせください
定休日 不定休
最寄駅 京浜急行井土ヶ谷駅、JR保土ヶ谷駅
お気軽にお電話ください
090-7906-2609 090-7906-2609
お問い合わせください
神奈川県 横浜市南区 永田北 3-40-13

アドラー心理学で学ぶ

劣等感とは

全ての人間に共通する感情であり生涯を通じてその感情は消える事はない

アドラー博士によれば

犯罪者、自殺する学生、商売で失敗する人,好色放蕩な人、自分の方が上だと思って

周りの人を見下す俗物は、この劣等であるという感覚に対する闘いに負けた人たちである

マイナスからプラスへ

人間が進化するための力にもなる劣等感

個々人の目標に向かって人を引きよせる刺激であり価値のある刺激となりえる

私たちの社会生活全てが、前進し改善しょうとする努力、強い欲求の上に成り立っている。

 

​​​​​​

 

ぜひ、お気軽にお問い合わせください。