俺が間違っていない事を解らせないと!
自分の問題として向き合いたくないDVモラハラ加害者、自己弁護と被害者非難に全力を注ぎます。
加害者は相手の女性や子供を不適切に扱ううちに一種の特権意識を持ち偏った考え方に拍車が掛かります。

DV加害者の根っこにあるもの

●パートナーを自分の思い通りに動かしたい

●パートナーの考えを自分の考えに塗り替えたい

●自分の快楽や自由が最優先

●俺は全て正しい、お前は従え

●話し会う必要はない俺が決める

●俺が嫌がる事はパートナーすべきではない

●俺の正当性を解からせる為の暴言暴力

●他人さまには良く見せろ

DV加害者
これ等がすべて叶えられて居るとき「権力と支配」に
特有の満足感を得るのです。

 

フォロワーシップAではこれ等の特権意識がどのように

生み出されるのか解き明かしていきます



 

DVモラハラ行為が虐待なんて思っていない

サンプル

DVモラハラ加害者は虐待をしてしまうのか

はDVモラハラの要求に従おうと努力します
 

が、それはあまりにも不公平で非現実的なもの故
応えられるものではありません
その結果、の怒りは常にに向かい感情を表にします
 

何故!DVモラハラ加害者と言われる達は
虐待を続けるのでしょうか
 

男女間における「力と支配」と言う関係から
所有意識を根っこに特権意識を身にまとい
女性を不当に又は見下しコントロールして行く
自らのDVモラハラ行為は最もな理由があり
それ等は正当化出来ると信じています
 

このような誤った価値観、考え方を持っている限り
この負のスパイラルは克服できません
 

DV加害者更生プログラムに心を動かしてみて下さい
 

あなたの未来はここから始められると信じています

サンプル

DVモラハラ加害者の価値観

DV加害者の本質

「力と支配」これはDVモラハラ加害者が持つ

特権意識の中核を占めています

パートナー()をコントロールするのは自分の権利
と疑って止まないのが大きな特徴です

男性の横暴さに被害者女性の口から憤りを
表そうものなら加害者は抑圧してその怒りの言葉を

塞いでしまうでしょう
逆に被害者の怒りを不利になるように利用します


真正面から相手に向き合わず
屁理屈、論点ずらし、言い訳、矮小化
これ等は日常茶飯事です

 

混乱した被害者は憤りを抑え込む事で
(うつ、睡眠障害、感情麻痺)等
身体的、精神的問題を抱えてしまう事が
あります

DV加害者とは亭主関白、ワンマン亭主
と言われる男性とは異なる所以です

 

DV行為はいつか無くなる物ではありません
これ以上DV被害者を作らない為
「DV加害者更生支援」事業の専門機関に
繋がって下さい


「DV加害者更生プログラム」はDV対策に
欠かせない教育と信じています

 

フォロワーシップAでお待ちしております
 


 

 




 


 

ACCESS

横浜でDVにお悩みの方はまず当社までご連絡ください

横浜でDVに関するお悩みをお持ちの方からご相談をいただき、解決のお手伝いをしているフォロワーシップAをぜひご利用ください。 横浜でDVのご相談を行っている当社は井土ヶ谷駅から徒歩1分の場所にあります。
フォロワーシップA写真
会社名 フォロワーシップA
住所 神奈川県横浜市南区永田東1-1-16 フジビル201
電話番号 090-7906-2609
営業時間 お問い合わせください
定休日 不定休
最寄駅 京浜急行井土ヶ谷駅から1分足らず
お気軽にお電話ください
090-7906-2609 090-7906-2609
お問い合わせください
神奈川県横浜市南区永田東1-1-16 フジビル201

見出しテキスト見出しテキスト見出しテキスト

サンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキスト

ぜひ、お気軽にお問い合わせください。